離婚し子どもと面会できない辛い悩みを解決?子どもと気持ち良く会えるたった1つの方法

あの子の笑顔が見たい!

離婚して子どもと面会させてくれると元パートナーは約束してくれたのに、連絡しても返事もないし返事があっても「忙しいから!」と断られてしまい子供と会いたい気持ちが日に日に大きくなっているかもしれません。

あるいは、あなたが「苦しくて辛い思いはもういっか!」と子どもとの面会をあきらめかけている途中の状態かもしれません。

けれど、このブログを最後まで読み進めることで今は面会拒否されている関係でもあなたが望むのなら子どもと毎週のように会えるようになります。

そして、子どもと会える回数が増えることで元パートナーに好印象を与えることができ「もう一度やり直してもいいかも!」と感じてくれるかもしれません。

しかし、諦めてしまえばそこで子どもと会う事は非常に難しくなり面会拒否どころか元パートナーと連絡さえ取れない状態になってしまうかも知れません…

なので、このブログを最後まで読み進めることをお勧めしますので楽しみながら読んでみてください^^

スポンサーリンク

離婚後に子供と面会拒否される理由

自分の理由を相手に押し付けていませんか?

自分の理由とは、あなたの都合で相手をコントロールしようとしている状態です。

一緒に住んでいた時にはそれもできたかもしれませんが、今は法律上はお互いに生活を共にしない関係になったのですから、自分の都合を相手に押し付けても相手は「チョット待ってよ!」となるんです。

僕たちは、関係とか名前とか立場とかを重視してしまう癖があります、結婚するときも離婚するときもあの薄っぺらい紙切れ一枚で関係を維持しようとします。

これが良い悪いとか間違っているとか正しいとかというつもりはありませんが、現在の日本ではこれが常識になっています...

ただ、僕が感じる事は紙切れ一枚に何の価値があるのかな?という事です。あのペラペラの紙切れに名前と印鑑をすれば関係は始まりそして終わるわけです!

僕たちが「あっ!この人好感が持てる~!」「ちょっと仲良くなってみたい!」にいちいち「じゃあ仲よくしたいから名前書いて印鑑押してね!」とは言わないですよね(笑)

なので、自分の立場を大切にして自分が正しい事を証明したいがために「自分の理由で相手をコントロール」しようとしてしまうのかもしれませんね。

まぁこれが悪いとは僕は思いませんし、人間誰しもこのような欲は持っていますのであまり気にせずに次に行ってみましょう^^

相手の理由を受け入れて初めてコミュニケーションが取れる

あなたに自分の理由があるという事は相手にも自分の理由があるという事がわかると思います。

僕たちは自分が「こうしたい!」という理由がない限り行動に移すことってないんです...

その理由は僕たち人間は感情で感じたことを思考して自分の理由を考え、そして初めて行動に移せるからです。

あなたにも経験があると思います。

たとえば

・他人にこうしたほうが良いから、あなたもそれをやるべきです。

・世間が高評価を出している芸能人がなぜだか好きになれない

というように、他人や世間がどう感じようとも、あなたの感情が感じない限り自分から行動は移せないんですね。

じゃあどうしたら、相手の理由を受け入れる事ができるのでしょうか?

それは、コミュニケーションをとるときには共感を意識してみるという事です。

このような親子の会話があったとしましょう...

美智子
最近どうしたの?何か気になることがあるのなら話してみて!話しにくいかもしれないけど、お母さんあなたをわかりたいのよ!
だってお母さんは私の話きっとバカにするに決まっているから!
美智子
そんな事ないでしょ?いつもあなたの話を聞いてアドバイスしてるじゃない!?
別にいいかな?
美智子
いいから聞いてあげるから話してみなさい!
実は学校に行くのが辛く感じているんだよね!
美智子
え!?学校に行くのが嫌ってどういうこと!?あなたの為にどれだけ学校や地域に時間を費やしてきたと思うのよ!!クラスのあの子のように明るく振舞ったりクラスメイトに気を使う努力をすればきっと学校が好きになるわよ!お母さんの言っている事間違ている?あなたの頑張りが足らないと思うよ!
美智子
お母さんに話してみなさい!

この会話のお母さんは子供に対しての共感はあったでしょうか?

お母さんは問題が起きたことに慌ててしまい、アドバイスをしてその場をとりあえず乗り切りようとしましたよね。

それが良いとか悪いといいたいわけじゃないんですけど、僕たちは問題にぶつかると自分の正しさを相手にぶつけ解決しようと一生懸命に頑張ります。

自分の正しさを持つことは大切な事ですし、正しさがなければ僕たちは目標を失ってしまいますのでこれを否定するわけにはいきませんが。

しかし、自分の正しさというこの頑張りを子供にぶつけるのではなく、相手の目線すなわち子供の視点で理解しようとする思いができたのならば、相手を理解しようと自分の視点が変わります。

そこに共感という思いが生まれ相手をまず受け入れ理解して初めて自分も相手に理解されるという事がわかると思います^^

相手に理解してもらえるという事は、相手が自分を受け入れてくれていることをわかるという事で、共感するという事は「相手をまず受け入れる」という事です。

受け入れるという事は、あなたが相手の話をまずは聞き入れ自分の中に取り入れるという事なんですね。

では次に、子供との面会を拒否されない考え方についてお伝えします。

離婚後に子供と面会拒否されない考え方

スポンサーリンク

僕たちが住むこの世界には縁起という考え方があります。

そもそも縁起とは?そう思う方もいるでしょうから、縁起の考え方をお伝えします。

縁起って聞くとまず「縁起がいい」「縁起を担ぐ」といった運が良いとか悪いとかなんとなぁく感じるかもしれませんね。

しかし、運任せでは自分の人生は切り開けないんじゃないのかなと思います。そこで今回お伝えしたい縁起とは、まず関係性の中で僕たちは今を過ごしているという事なんですけど、関係性とは僕たちは付き合う人、環境や住んでいる国、思想といった周りとの関係で今のあなたがいるんですね。

たとえば

あなたが今サラリーマンだとしますね。そうしたときに周りの関係によって自分が必要なことをしているって思ったことはないでしょうか?

両親がいたからこそ、あなたがこの世に産まれ悩んだり喜んだりしながら今を生きていると感じたことはないでしょうか?

パートナーがいたからこそお互いに好きになって結婚したり嫌いになって離婚したりするんだなぁ!って考えたことはないでしょうか?

 

このように考えたり感じたりすると「僕は(私)は一人では一つの物事を成し遂げることができない!?」ってことに気づくかと思います...

真司
僕はいつも自分の力で日常を乗り切っていますよ?
幸恵
私は毎日の子育てや家事を自分で頑張っているわ!
けれども、毎日頑張れる自分の力で乗り切れるって周りに関係している人がいるからできる事じゃないですか?
そして、誰かの為に頑張れることってとてもパワフルな生き方じゃあないですか?

なので、簡単に言うと今のあなたと周りの関係を変えればあなたの現実が変わるんですんね。

極端な例えですと、サラリーマンを辞めて自営業になれば次の日からあなたの現実は変わるってことなんです。

けど、逆に言えばですよ!

付き合う人や環境を変えなければ相手との関係性は変わらないという事なんです。

どういうことかというと、離婚したからといって今までの関係をなくす必要はないという事です。

今までの関係を崩してしまえば、あなたの現実は変わってしまいます。そうするとあなたと子供との関係性まで壊すことになってしまうんです。

僕たちは「嫌に思う事」から目をそむけたくなる性質を持っています、これは「人は快を求め苦を避けたい」からなんですね、だからといって自ら苦を感じましょうとは言いません。

なので、こういった考え方を知ることで「苦だと感じていたことが快にはならなくても」知ることで自分の腑に落とすことができるようになるんですね。

少し難しいお話しをしたかもしれません、けどもわからないと意識をそむけても先に進むことはできないんです。

「どうしたら、理解できる?」という意識を持てれば僕たちの脳はフル回転で「理解したい!」というように変化します。

これを認識するという事なんですけど、認識するだけで人はその瞬間からかわっていける生き物なんです。

なので、あえて変えなくても良い関係もある訳なんですね。

離婚後に子供と笑顔で会えるたった1つの方法

相手の理由で行動してもらう

そもそも相手の理由とは?という事ですがあなたにも自分の理由があると思います。

たとえば

週末は休みなので子どもと遊びたい

来週は自分の誕生日なので子どもと一緒に過ごしたい

といった自分の希望です。

しかし、自分の希望を相手に聞いてもらって行動してもらう事とは違うんです。

相手の理由の中の一つに「子供と遊んでもらいたい」という理由を増やすことなんです。

いいですか?

自分の希望を伝え相手にしてもらうんじゃあなくて、相手がお願いしてあなたに「子供と遊んでほしい」という相手の理由を作るんです。

その為に必要なことはたった一つだけです、それは「相手の欲を満たす」ことなんです!

たとえば

相手が子どもと面会させてくれない!

プレゼント何がいい?と聞いても欲しくない!と断られる

 

その中には相手の欲が必ず入っています。

あなたには会わせたくない相手の理由がありますし、あなたからはプレゼントは欲しくないかもしれないし、それとも自分にではなく子供にプレゼントをして欲しいと思っているかもしれません。

じゃあ、駄目じゃん!!

と思われるかもしれませんがそうじゃないんですよ~く聞いてほしいんですけど相手が望むことを少しづつ丁寧に受け入れてあげて「相手の欲を満たしてほしいんです!」

今はあなたには会わせたくないと思っていることが相手の欲(希望)です。これをしっかりと丁寧に一つずつ満たしてあげるんです。

これをあなたのタイミングで良いので続けてください!相手の心の氷を少しづつゆっくりと溶かしてあげるんです^^

そうすることで二人の間にできた溝は少しづつ埋まっていくんです。一度崩れた信頼関係を修復するにはあなたのハートの強さが大切です。

そして、これを続けることで次第に相手の希望があなたの望む希望に変わっていくはずです。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


応援よろしくお願いします^^

コメントを残す