離婚して後悔し落ち込む男性必見!バツイチ男性が前向きに生きていける3つの方法

離婚して時間がたつにつれ後悔し落ち込むことがあるかもしれません。時間が解決するなんて言われますが後悔をするという事は何かしらやり残したことがあるのではないでしょうか?

バツイチという言葉が社会的に認められてきてはいるものの、まだまだレッテルを張る社会の中で生きることが辛くなってしまう物です。

しかし、いつまでも落ち込んで後悔ばかりしていても時間がもったいないです。人生は一度きりなのでポジティブに力強く生きていきたいものです。

このブログでは前向きに生きていける3つの方法をお伝えしますので、最後まで読み進めてください。

後悔しないで生きるには

離婚して後悔する事ががいけないとか悪い事というつもりはないですし、否定もしません人間なのでネガティブな感情を感じる事は仕方のない事です。

しかし、いつもネガティブを感じながら生きていくのか?そう考えるとなんとなく不幸を感じやすくなると思います。反対にいつもポジティブを感じながら生きていけるとしたらどうでしょうか?幸せを感じやすくなると僕は思います。

幸せを感じる事ができれば、あなたの見える世界が変わって見えるようになります。それがいつもと変わらない日常だとしてでもです。

ならば、いつもポジティブを感じて生きていきたいと思いませんか?

次の章からその方法をお伝えしていきます。

前向きに生きていける3つの方法

ステップ1 可能な限り自分を満たす

最初の方法は「自分を限りなく満たす」という方法です

離婚して心にあいた隙間それは何でしょうか?

夫婦という形かもしれませんし、寄り添う相手がいないという寂しさかもしれません。どちらにせよ感情が揺れ動いていると思います。

形がなくなったことの不安、寄り添えない寂しさ...どちらも感情がが満たされない状態ですよね。

なので、今足りていない感情を満たしてほしいんです。

今自分がやりたいことがたくさんあると思います、周りの目など気にする必要などありません。それを一つずつ満足いくまでやることであなたの感情は満たされることになります。

ただ、自分を責める事や相手を責めるような行動はやらないようにしたほうが自分を満たすことが出来るようになります。自分を責めたり相手を責める時間はもったいないです、なので自分を満たすことだけに集中してください。

やりたいことを満足いくまでやっていく、今のあなたは誰に縛られることもありません。仕事帰りを趣味の時間に費やしたり、休みの日には朝から自由な時間を過ごす。

こうやって自分を満たしてあげてください、きっとあなたの感情は喜びを感じ自分を認めてあげる優しい気持ちになっているはずです。

ステップ2 後悔していることを書き出す

少しだけ過去に戻ってみましょう!

過去に戻って自分が後悔した出来事を思い出してみるのです。少し辛い気持ちになるかもしれませんが今のあなたならできるはずですよ、自分を満たし自信を取り戻しているはずですからね。

どうしてもできない時はまだ自分を満たしきれていないのかもしれませんので、自分を満たしてからこのステップに戻ってきても良いですし、さらに先を知りたいというのであればこのまま読み進めていただき実践しても良いと思います。

全てあなたの意思で進めていただけたらと思います。

いいですか?では進んでいきましょう。

過去の出来事を振り返る理由ですが、これは同じ過ちを繰り返さないために必要なことです。もう一度言います。同じ過ちを繰り返さないために大切な事なのです。

では、過去にあなたがネガティブに感じた事を書き出してください。

そして、認識しましょう。そうすることで「もう、こんな嫌な気持ちを感じたくはない!」と無意識にその行動をしなくなります。僕たちは認識するだけで変われるようになっているからです。

ポジティブで上書きする

上書きするという考え方があります。

あなたは自分を限りなく満たし、そして過去のネガティブな感情に触れないことを無意識に行動できるようになりました。次はそのネガティブな物事に対しポジティブで上書きするという事を実践していきましょう。

たとえば

以前の家庭では嫌な出来事しか起こらなかった!その嫌な出来事を引き起こしていたのは実は自分でしたとしましょう。

ならば、今の生活では自分がポジティブを選択していく行動をとっていく必要があるわけです。いいですか?ネガティブな選択はネガティブな現実を引き起こします。そのネガティブに打ち勝つようなポジティブな行動をしてゆけば自然とポジティブな現実が現れるわけです。

あなたの中でポジティブと感じる選択をしてゆけばポジティブな現実しか起こらないわけなんです。

綺麗ごとばかりと思われるかもしれませんが、実際に他人に言われ嫌々ながら行動したことは実を結ぶことは稀です。しかし、自分から行動をし楽しいや嬉しいを感じたことはどうでしょうか?ものすごく自分の役に立っていると思います。

ポジティブな選択をするには自分を満たし次に過去に戻り認識する、そしてポジティブで上書きするこのローテーションが大切になりますので覚えていていください。

最後に

武勇伝よりも今日からの自分

あなたの上司や部下、友人や家族の中に過去の栄光や失敗をいつまでも自己中にお話しをする方はいませんか?

そのような方を否定するつもりはないのですが、ハッキリ言って時間の無駄使いです。

過去の失敗を自慢するよりも「じゃあ、どうしたら同じ気持ちにならないようにするのか?」という過去を認めつつ前を向く姿勢を持ち続け自分の未来は自分で切り開いていきましょう!と言いたいです。

過去に囚われるよりも自分の未来を信じ過去の経験を活かし未来を切り開いていける男性になりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました


応援よろしくお願いします^^

コメントを残す