いい夫婦の日!?

いい夫婦の日11月22日のロゴ合わせ的なイベントの日なんですけど、特別に記念になることをしても良いと思いますし特別に何もしなくてまったり(*´ω`)と過ごしても良いのかなぁとも思います。

初めて聞く方もいるかもしれません、何をすればよいのかもわからないかもしれません。わかっているけれど恥ずかしくてできないかもしれません。

せっかくこのブログに遊びに来てくれたあなたには、この日を夫婦関係(お互いの関係)が良くなるきっかけの日にして欲しいと思います。

スポンサーリンク

いい夫婦が持っている3つの特徴

第三者を巻き込まずに客観的に自分やパートナーを見ることができる

よく客観的にとか自分を客観視しようと言われますが、そもそも客観て何なの?てことですが、辞書で調べるとこうなります。

good国語辞書より引用

  1.  主観または主体を離れて独立に存在するさま。⇔主観的

  1.  特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。「客観的な意見」「客観的に描写する」⇔主観的

よくわからないですよね(笑)

これは、第三の視点で物事を捉えるということなんですけど、一言で言えばお互いの意見を取り入れる事って出来ないののかなぁ?ってことです。

もう少しかみ砕いでお伝えしますね^^

たとえばですよ、

次のような会話をしている夫婦がいるとします。

状況としては次の週末はどのように過ごそうか?と話しているとしますね。(たまには僕が夫をしますw)

あのさぁ!週末の予定なんだけど、僕は買物に行きたいけど、どうする?
幸恵
私は久しぶりに映画を見たいわ!
えぇ~(;´・ω・)映画って何観るつもり?
幸恵
最近話題になっているあの映画よ!わかるでしょう?
あぁ~あの映画ね(-_-;)映画より買い物に行きたいんだよね...
幸恵
じゃあ、仕方ない一緒にお出かけしたかったけど週末は別々で行動しましょ!

というようなありがちな会話ですが、実はこの会話をミックスできるとお互いを客観的に見ることができるんです。

僕は映画よりも買物がしたい、彼女は買物よりも映画を観たいをお互いに主張してたじゃないですか?

お互いに自分の意見を言い合える関係はとても素敵でいいと思うんですけど、これではいつまでたっても会話が平行線のままでかみ合いませんよね(笑)

このまま、同じことを繰り返して過ごすようになると夫婦の間に「このわからずや!!」という溝ができてしまう原因にもなりかねません。この溝がドンドン大きく深いモノになってしまったとしたら想像はつくと思います。

そうですね、二人の関係に終わりが来てしまうという事です...

じゃあ、どうしたら夫婦の関係を良くしてずっと仲良く二人で過ごせることが出来るかをお伝えします^^

それは、この知識を知っているどちらかがお互いの意見を上手にミックスすることが出来るかなんです。

では二人の会話をミックスさせて続きをお伝えしたいと思います。

そんなに、映画を観たいんだ?
幸恵
だってさ、今話題になっている映画を観たいと思うのは自然じゃない!
そうなんだね^^じゃー映画を二人で観て~お昼を食べてそれから僕の買い物に付き合ってくれる?実は買物はいい夫婦の日記念に二人で選ぼうと思っていたんだ。
幸恵
えっ!?そうなの?嬉しい^^映画も観れるし記念の買い物なんて素敵!
じゃー週末の予定は決まったね^^

という事で、二人の意見の良い部分をピックアップしてミックスするだけで、結果は全然違ってくると思います。

お互いがお互いを受け入れる事ができる関係は終わりが訪れる想像ができるでしょうか?

少なくとも、この人は自分をわかってくれる人なんだと感じてくれると思います^^

客観的にというと第三者の意見とかって感じると思うんですけど、実は自分とパートナーの二人だけでも客観的にを作ることって出来るんですね。

自分と相手の意見を両方取り入れるだけで「あなたの意見」だけの時と「パートナーの意見」だけの時と違った新しい第三者の視点ができる事がわかるかと思います。

これが、第三者を巻き込まず客観的に自分やパートナー見ることができるという事です。

 

逆鱗ポイントを知ってそのポイントには触れないことができる

スポンサーリンク

では、次に逆鱗についてなんですけど...

逆鱗って、そもそも何なんですか?て方も居るかと思いますので簡単にお伝えします。

Wikipediaより引用

逆鱗(げきりん)とは、伝説上の神獣である「竜(龍)」の81枚の(うろこのうち、あごの下に1枚だけ逆さに生えるとされる鱗のことをいう。当記事においては、主に「逆鱗」を用いた慣用表現について述べる。

「竜」は、元来人間に危害を与えることはないが、喉元の「逆鱗」に触れられることを非常に嫌うため、これに触られた場合には激昂し、触れた者を即座に殺すとされた。このため、「逆鱗」は触れてはならないものを表現する言葉となり、帝王(主君)の激怒を呼ぶような行為を指して、「逆鱗にれる」と比喩表現された。

この故事をもとに、現代では、「逆鱗に触れる」として広く目上の人物の激怒を買う行為を指すようになり、また「逆鱗」が目上の人物の怒りそのものを指す言葉として用いられることもある。「逆鱗に触れる」を、漢語を使って「嬰鱗えいりん」とも言うが、一般会話においてはほとんど使用されない。

に障る」行為をする事としばしば混同される。また、友人や後輩、部下などを怒らせた時に使うのも本来誤用である。

と説明されていますが、要するにパートナーが怒る事を極力しないようにしましょうってことです。

この逆鱗ポイントは、人それぞれ違いますし僕とあなたとでも違います。

何故違いが出るのかというと育った環境や教育や普段の過ごし方が人それぞれに違いますし、同じ両親に育てられたとしても、その人の受け止め方で認識される事実が違ってきてしまうからなんです。

あなたに兄弟がいたとしましょう...

兄弟がいない方はクラスメイトでも良いと思います。

同じ両親に育てられたとしたのなら兄弟全員が同じ職業につき同じ結婚相手を求め同じ家庭を作ろうとするでしょうか?

クラスメイトにしてもそうです、同じ時間に同じクラスで同じ教師に同じことを教えてもらっているはずなのに全く同じ価値観を持つ人はこの世には存在しないと思います。

なので、同じ逆鱗ポイントを持った人というのはいないわけですね。

じゃあどうしたらパートナーの逆鱗ポイントを二度と触れないようにするかという事なんですけど、その前に逆鱗に触れ続けるとどうなるかをお伝えします。

それは残念な事に間違いなく終わりという形になってしまうでしょう(;´・ω・)

でも、いきなり「明日離婚したい」と離婚届を持ち出してくることはありません。なぜなら離婚したくなるまでに期間がありその期間の中で逆鱗に触れられたことを、ずっと根に持ち続けます。まるでくすぶり続けた火種があるときに勢いよく火柱を上げ燃え出す炎のようにです。

なので、逆鱗に触れてしまう事はあってもいいんです、しかしその怒りをフォローしないまま先に進み続けてしまうからいい夫婦関係を続けることが難しくなるわけなんですね。

大切な事なのでもう一度お伝えします、逆鱗に触れることは人間ですからあって仕方ありません。

触れてもいいんです…

けれど、その後の関係に溝ができるかできないかは、パートナーとシッカリ向き合う事で溝を埋めることはできるんです。

しかし、その溝をほっといてしまうとドンドン溝は深まり最終的には関係が終わってしまうのです。

その時にパートナーとシッカリと向き合い溝を埋める努力をすることでいい夫婦になれるのかもしれませんね^^

自分を満たしそれが相手を満たすことになる

 

あなたがイライラして、「なんでもっとわかってくれないのよ!!」

とイライラした気持ちでコミュニケーションをしても残念ながら相手には伝わらないでしょう...

なぜなら人は不快なモノを避け快なモノに近づこうとします。

不快とは、楽しくなくて心が望んでいないものです。

逆に快とは、楽しくて気持ちが高揚することです。

あなたならどちらを選ぶでしょうか?

もちろん、楽しくてポジティブで気持ちが楽な方に自然と体が向いてしまうと思います。

パートナーも同じだと思います、嫌な気持ちになるよりも楽しい気持ちになることのほうが一緒に居て疲れないですし楽しいパートナーにはものすごくパワーをもらえますよね^^

なので、まずは自分の事をシッカリと満たしてあげてください。

満たすという事は「好き勝手自由気ままに生きるんだぁ!!」という事でも良いと思うんですけど、それとはちょっと違うんです。

気ままに生きてもらってもいいんですけど、そこにはパートナーの存在がありますのでそこはパートナーと気ままに過ごしてくださいませ(笑)

自分を満たすという事は「あなたの感情を満たす」という事です。

ポジティブな感情を感じて生きていけたのならパートナーもポジティブになりますし、反対にネガティブな感情を持ち続けたまま生きていたとしたら、きっとパートナーもネガティブな感情に支配された人生を歩むことになるかと思います。

自分の満たし方はいたって単純です!

自分がやっている行動や思考、今感じている感情にオッケーを出すだけなんです^^

だから、何をやってもいいんです。自分が望む方向で好きなようにどう生きようともそれでいいんですね。

たとえば

残業続きでイヤになったから休みます!!
幸恵
今日は疲れたからご飯作らない!
健一
なんだか嫌な気分だから今日はストレス発散して帰る!

でもいいんです。

あなたは毎日頑張っているじゃないですか!?

だから今日ぐらいはいいんですよ^^

と自分を満たしてあげてください、そうすることであなたの気持ちは相手を攻撃することなく自分を満たすことを頑張ろうとします。

自分を満たせると気持ちに余裕ってできるんですね、その余裕がをパートナーに自然に伝わりあなたのポジティブな感情が伝わりやすくなって、それが相手を満たすことにつながるんです^^

 

離婚して感じたこと

僕がいい夫婦の日を知ったのは、残念ながら結婚している時ではありませんでした。

初めていい夫婦の日というイベントがあると知ったのは、離婚調停中の事でした。

その日は3回目の調停で鉛色の空からはみぞれ交じりの雨が降る寒い日でした...

待合室には基本的にはベンチと数冊の本しかありません、「なんでこんなことになったんだろう?」と窓の外を見てはため息を一つしてはベンチに戻ることを繰り返していました。

そこで何気に今日は何の日?と検索したところいい夫婦の日と表示されました。

「お互いに好きになり子供にも恵まれたのに、自分はこんなところで何してるんだろう?」と自分がおかしくもあり滑稽で悲しいような寂しいような気持ちになったことを覚えています。

「僕は今まで何をしてあげることができたのか?」「なんでこうなってしまったのだろうか?」と自分を責める事しかできませんでした。

僕たちはその渦中にいるとそのことにしか視点を合わせる事しかできません、そしてネガティブな思考が生まれてネガティブな行動しかできないようにプログラムされている生き物です。

そうです、人は見たいものしか見れなくなってしまうという事なんです。

たとえば

自分が使っているスマホのメーカーしか目に入ってこなかったり

自分がコレは絶対に正しいと感じていることを他者に否定されイライラしたり

相手を責めることばかりで自分に原因て無かったのかな?

というようにです。

これが決して悪いとかしてはいけないといっているわけではなく、こういったプログラムが僕たちには備わっているという事です。

それを知ることで僕と彼女そして子供との関係が劇的に変化していきました。

自分が見たい事しか見れないという事は相手も自分の見たい事しか見れないという事なんです、という事はお互いが一緒に暮らしていても暮らしていなくても見れることが一緒ではなくなってしまったら残念ながらその関係は終わりを迎えてしまうのかなと思います、逆にずっと一緒のことを見続けることができたのならお互いの関係は終わらないのです。

この事を知るだけでも、相手は自分とは違っていてもいいし一緒でもいいと感じる事ができます。そうすることで相手の行動や言葉にも「あぁこの人は自分とは違った考え方を持って違う視点で物事を見ているんだ!」と気づくことができるんです。

だから、「あなたは正しい」という結論になりました。

自分が正しいと感じていることは相手は正しいとは感じてはいないかもしれません。

自分が間違ているかもしれないことに相手は間違えているとは思わないかもしれないんです。

なので、相手の感情、思考、行動を否定してからコミュニケーションをするという事はナンセンスなんだと僕は思います。

それが相手を受け入れることの第一歩じゃあないのかなと僕は思います^^

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

 

 

 


応援よろしくお願いします^^

コメントを残す