偶然にもバツイチの彼を好きになり交際をすることに

そんな彼と付き合ううちに彼がバツイチであることがわかり、それでもドンドン好きになり彼の元嫁の存在が気になるようになってしまった...

彼の好みと違う自分と付き合う彼に元嫁と比べられているようで、どうしても元嫁に嫉妬してしまう。このままでは自分も彼氏も嫌になり別れてしまいそうになる。

こんな時にはありのままの自分でバツイチ彼氏と幸せになる3ステップをこのブログでお伝えしますので最後まで読み進める事をお勧めします。

何故嫉妬してしまう自分がいるのか

嫉妬してしまう自分を知らない事にはその嫉妬を解決することは難しくなります、解決しないという事は最悪の場合彼を手放してしまう事になります。

自分が元嫁に嫉妬している原因を知ることで、あなたの嫉妬はなくなり自分の過去や焼いての過去に縛られ無い生活が送れるようになり、彼との関係もより親密になるでしょう。

再婚でも幸せになったカップル

俳優の谷原章介&元タレントの三宅えみ夫婦

子連れ再婚になったこのカップル、実は俳優の谷原章介ではなく元タレントの三宅えみ。

いわゆるできちゃった再婚ですが今では三宅えみとの間に4人の子供を授かり、6人兄弟の8人家族で世田谷区に6億円の豪邸に住んでいらっしゃるそうです。

かなりのイクメンぶりで子供たちの送り迎えや学校行事への参加も欠かさないとか。

育児に忙しい奥様にもパーフェクトなフォローで現在も仲睦まじい理想の夫婦といわれています。

嫉妬に悩まずに彼と幸せに付き合う3ステップ

ではどうしたら、元嫁への嫉妬に悩まずにバツイチ彼氏とうまく付き合う3ステップをお伝えします。

ステップ1いつもと違う行動をする

人は何かの出来事に対し感情を感じてから行動に移す生き物といわれていますが、それをあえて行動を変えいつもと違うことをすることで感情を変える事もできるのです。

あえて行動を変えると感情が変わるという事です

いつもと同じ行動しかしていないといつもと同じ感情しかうまれません。こんな事はなかったでしょうか?

「いつもと違う時間に家を出てみたら違う景色に見えて新鮮な気持ちになった」

「今日は違う道順で家に帰ってみたら周りの風景が違うのでたのしいきもちになった」

そう、僕たちはいつもと違う行動をすると全く違った感情を得ることが出来るのです。

彼に対してもいつもと違う行動をとってみてください、こうすることで彼に対するあなたの感情に新しい一面を作ることが出来ます。

ステップ2見方を変える

嫌な事があるとどうしてもその嫌なことに目が行ってしまうモノです。

これは人間の特性で「見たいものしか見えなくなる」というモノで致し方ないのですが、この時にあえて「この嫌なことに良い方向はないのかなぁ?」「嫌と感じている私は何が欲しいんだろう?」といったように少しだけ視点を変えるだけで、その嫌なことの見え方が違ってきます。

嫌と思う事の中一つでもに良い可能性はないのか

このような見方が出来るようになると、あなたの感じ方や導き出される応えというモノが変わってきます。

「元嫁のこんなところに嫉妬していたんだけど、よくよく考えるとその時々で良いと思ってやっていたんだなぁ~」

このような感じに相手に嫉妬している部分よりも「あ!そうそう・わかる~!!」といった共感がうまれてくるようになります。

ステップ3言葉の使い方を変える

いつもは「嫉妬している私は...」「なんで嫌な事ばかり思い浮かべてしまうの?」といった自分を責めるような言葉使いを、今日からは「嫉妬している私は駄目だと思っているけどいつか乗り越えてみせる!」「今は嫌な事ばかり思いつくけど良い方向に思いつくように頑張るわ!」にするだけで昨日までの自分を乗りこえる力になりますし、新しい良い方向の考え方も思い浮かぶようになるわけです。

言葉って使い方一つでとてつもない力を出すことがあるんです。

 

最後に

それでは僕からの宿題です

ステップ1から3を取り組んでみてどのように感じたでしょうか?

今悩んでいることは何でしょうか?2つお聞かせください

今すぐ以下の問い合わせフォームにてお伝えください。

あなたが彼への真剣な気持ちを伝えてもらえることで、さらにあなたの悩みを解決できるブログを書くことが出来ます。

再婚したいバツイチに朗報?復縁や婚活についてお勧め記事まとめベスト7!!

2017.11.26

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。


応援よろしくお願いします^^

コメントを残す