父子家庭の悩み子育てパパがシッカリと子供を育てる3つの方法

子育てがわからない!

離婚して親権をとったものはいいが今までパートナーに頼りっぱなしだった子育てが重く自分にのしかかるようになって辛い思いをしている!

どうしたらいいのか?

答えは簡単です。今まで常識だと思っていたことを今日からやめてしまえばいいからです。

では、父子家庭でもパパが子育てをして周りと変わらない明るい子供に育てることができるかを3つの方法をお伝えしますので、最後まで読み進めてください。

父子家庭の子育て

もしかして今でも子育ては母親の役割だと思っていませんか?

しかし、現在の様々な家庭環境がある日本ではそれも難しくなっています。

父子家庭での子育ては今までと同じようにはいきません、子供と過ごす時間を優先すると何か他の事を止めないといけません。

身体は一つですし、時間も平等に流れています。なので、仕事を減らしたり・両親にお願いしたり・生活スタイルや考え方を変える必要があります。

父子家庭の子育てで一番のネックは仕事だと思いますが、それならば次の3つの方法で解決するはずです。

父親の子育て考え方

自分がどのように両親に育てられたのかを思い出してください。

父親には父の愛情があり母親には母の愛情があります、それと同じことをあなたが子供に両方の愛情を伝える事です。

母親の無条件の愛情を伝えればよいのです。わからなければ調べる事は簡単にできます。ネットもありますし、先生やママ友に聞いても良いでしょう。

一人で抱え込もうとしないで、協力してくれる人に相談することもストレスをためない一つの方法です。

 

父子家庭3つの子育て方法

その1 職場の理解を得る

母親の代わりに子育てをしますので、子供の急な発熱等で遅刻や早退、学校の行事での欠勤などがありますので職場の理解が必要です。

その2 両親に頼る

一人ですべての子育てには限界があります。実家に帰り両親の協力を得ることで仕事にも集中できますし、子供にも無理を書けることが少なくなりますのでメリットが大きいでしょう。

その3 在宅でできる仕事をする

現在では働き方にはたくさんの種類があります、会社に行かなくとも在宅でできる仕事もあります。時間を自由に使えますので子供の事を考えるとメリットは大きいです。

最後に

 

子供と過ごせる時間は今しかありません、仕事はいつでもできますし働き方などいくらでもあります。

理解ある職場に転職したり、時間の融通が利くアルバイトをしたり、在宅で仕事をしたりそれぞれを掛け合わしてみたり。会社に努めなければいけないことはないと思います。

わからないことなどあればどんどん自治体などで調べればよいですし、保育士の卵をアルバイトで雇うとかシルバー人材センターを利用するなど、探せばいくらでもあります。

子供の為に頭を下げお願いする事もあるかと思いませが子供の事を考えれば全然苦になりません。

色々とアイデアはあります、あなたの健康状態が良くないとアイデアを出すことが難しくなりますので、あなたの健康を一番に考える事です。

無料相談受け付けています!お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

 

 

 

 


応援よろしくお願いします^^

コメントを残す