離婚したい夫の本当の理由を知りたい?夫とずっと暮らしたいのならこの方法を試してみて!

あなたがもし、離婚したいという夫の本当の理由を知ることができたら離婚を回避できるかもしれません、統計的に75%の夫が離婚したいと思っていることを知ったならあなたは理想の妻に変身できるかもしれません、夫が離婚したい本当の理由を知る2つの考え方を知ることができたら夫を掌で転がすこともできるかもしれません、今すぐ夫に理由を聞きただせば夫は考えを変えてくれるかもしれません...

じゃあ何故?離婚を考えてしまう夫になるでしょうか?

このブログを読み進めることで妻が夫とずっと暮らしていける方法をお話ししていますので最後まで読み進めてください。

スポンサーリンク

夫が離婚したい本当の理由を知ること

夫が離婚したい理由を知れば離婚を回避できるかもしれません。

じゃあなぜ、回避できるかというと理由を知ってその解決方法を夫に実際にしてあげれば夫はあなたに愛情を感じますよね。

「妻は自分をわかってくれているんだ!」と夫に感じさせることができれば離婚って回避することができるんじゃあないでしょうか。

ただやみくもに問いただし理由を聞いても応えてはくれないかもしれません、夫には夫の応えたくない理由があるからなんです。

その応えたくない夫の気持ちをペンチでグリっと捻じ曲げるようにしてしまう事は逆効果なんですね。

聞き出したい気持ちはわかります、けど相手の気持ちを無視してまで聞き出しても意味はないんです。

そこで相手に無理やり聞き出すことをしない方法が次にお話ししていますので、読み進めてください。

 

離婚したい本当の理由を知る2つの考え方

原因VS目的

原因を知れば、たしかに改善策は見えると思います。

けれど、それは過去の事であって現在進行形の夫の離婚したい理由を知ると言った事に対してはあなたの解決方法としてはふさわしくはありません。

なぜなら、過去にさかのぼって「〇〇があった」「○○のせいで」という事はあくまでも今までの夫の傾向であって今現在の状態ではない可能性が高いからです。

そうしたときに夫はこの先どうしたいの?という目的や理由をリサーチする必要があるんです。

目的を知ることで夫はどうしたいかを知ることができます。

では目的とはどのような事でしょう。

目的とはつまり夫が欲する欲求の事です。

あなたにも欲求があると思います...

欲求
・幸せになりたい

・安心した家庭を作りたい

・悩みを消してスッキリしたい

それと同じように夫にも欲求があるのです。

なのでこの欲求を満たすことが夫を繋ぎとめる事に繋がります。

これは相手を満たすことなんです、そうして満たされた相手はあなたに対して決して嫌な気持ちにはならないんです。

 

離婚したい夫の理由を知る方法とは?

夫がどうして離婚したいのか知りたいのなら今すぐに過去の原因を知ろうとするのではなく、夫の離婚したい目的に注目すべきです。

STEP1 ダメージを受けないように自分を十分満たす

自分を満たすことはいずれ相手を満たすことに繋がります。

そして、自分を満たせていないと余裕がなくなることばかりではなく、相手に自分を満たしてもらおうとしておいてのエネルギーさえ奪う事になります。

こうなってしまうと、お互いにエネルギーを奪い合う事になるので、そうならないために十分に自分を満たすことにフォーカスして下さい。

STEP2 夫の目的を知る

自分を満たせたら、次は相手の目的を知ってみるという事です。

この時に自分を満たせていないと、相手の考え方や行動にダメージを受けてしまいます。

目的の知り方は簡単です、相手の夢を聞けばいいからです。

「ただ一言将来はどうしたい!?」と聞くだけで夫はスラスラと自分の未来を語りだすことでしょう。

STEP3 あなたと夫の考えを融合させる

夫の将来の夢を聞き出せたのならその次に行うことは融合させることです。

融合とは、あなたの考えと夫の考えをお互いに利益になるように組み合わせるという事です。

相手の考えに反対し「それは違う!」と感じる事は正しい事です。

しかし、反対してばかりではお互いに気まずい状態がいつまでも続きます。

そこで、反対意見と相手の意見の中に新しい第三の意見を作り出すことができます。

それが融合という考え方です。

最後に

相手の欲求を知ることが出来たらあとはそれに対して方法を考え行動するだけです。

本当にシンプルに考えるだけで幸せな夫婦関係を築くことって難しくはないんです。

まずは自分を満たし、そして相手の欲求を満たすだけで関係はより良いものになるんですね。

tamai
最後まで読んでいただき本当にありがとうございました

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします^^

コメントを残す